不動産会社の倍返し

不動産会社の倍返し

以前、異常な視聴率を叩きだしたテレビドラマで「倍返し」と言う言葉が流行りました。
実は不動産売却の際にも倍返しというのがあるのです。
これはお金の倍返しを意味しています。
不動産の売買契約をした場合、通常、買主が手付金を払います。
その後、残金を払えば、売却終了ということになるわけです。
しかし、売主側のなんらかの都合で、売買契約を破棄することになったとします。
その場合、ペナルティーとしてその手付金の倍の金額を買主側に支払わないといけないのです。
これぞ、まさに倍返しです。
実際にそうやって倍返しをしなければいけなくなったケースも多々あります。
そんなことにならないように、売買契約は慎重に行うようにしましょう。